NO.8830980
「夏の甲子園」なきドラフト戦線で高校球児に“重大な異変” 悩み深きスカウトたち
「夏の甲子園」なきドラフト戦線で高校球児に“重大な異変” 悩み深きスカウトたち
8月10日から12日、15日から17日の計6日間にわたって行われた2020年甲子園高校野球交流試合。

また7月から行われていた全国の独自大会も23日に終了した。

春季大会の大半が中止となったことで、プロ入りを目指す選手にとってはアピールの場が少なく、またスカウト陣も判断が難しい年となっていることは間違いない。

ただ、そんなコロナ禍の“異例の年”だからこそ、見えてきた傾向もある。

まず今年の最大の特徴は、ストレートのスピードとそれに伴う投手としてのスケールがアップした選手が多いということだ。

その双璧と言えるのが高橋宏斗(中京大中京)と山下舜平大(福岡大大濠)の二人である。

高橋は昨年秋の明治神宮大会の優勝投手であり、その時点から有力なドラフト候補ではあったが、ストレートのアベレージは140キロ台前半で、本人も大学進学の意向が強く、4年後のドラフトで有力候補という見方が強かった。

ところが冬のトレーニング期間を経て、春の自粛期間が明けた6月に練習試合が解禁となると、いきなり150キロを超えるストレートを連発。

愛知県の独自大会、甲子園の交流試合でもその勢いは衰えることはなく、いま“今年のドラフトの目玉”とまで言われるようになっている。

本人も交流試合後には進学を“基本線”としながらも、高校からのプロ入りの可能性について言及しており、今後の動向に高い注目が集まっている。

一方、昨年から140キロを超えるスピードを誇っていた山下は、この1年間で見違えるほど体が大きくなり、最速は153キロまでアップしている。

スケールの大きさでは高校生ナンバーワンという声もあり、こちらも有力なドラフト1位候補だ。

また、この二人以外にも小牟田龍宝(青森山田)、内田了介(埼玉栄)、松本隆之介(横浜)、加藤翼(帝京大可児)、小林樹斗(智弁和歌山)などが軒並み150キロを超えており、昨秋の時点で、高校ナンバーワンと言われていた中森俊介(明石商)も交流試合でしっかり150キロをマークしている。

既に進学を表明しているが、一條力真、菊地竜雅(いずれも常総学院)、篠木健太郎(木更津総合)といった面々もこの1年で見違えるほどピッチングが力強くなっている。



【日時】2020年09月07日 17:00
【ソース】デイリー新潮
【関連掲示板】







こちらもおすすめ!

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット